レグザクラウドサービス「TimeOn」

操作方法 LINE「Clova」 搭載スピーカー連携

LINE「Clova」

操作方法

リモコンが使えないときも、チャンネル番号を話しかければ切り換えられます。
さらに、音量を変えたり、電源を消したり、テレビのさまざまな操作を行うことができます。

こんなふうに話しかけてみよう

  • 音量を変更したい
    音量を上げる
    • ねぇクローバ、テレビの音量を上げて

    • ねぇクローバ、テレビの音量をちょっと上げて

    • ねぇクローバ、テレビの音量をもっと上げて

    音量を下げる
    • ねぇクローバ、テレビの音量を下げて

    • ねぇクローバ、テレビの音量をちょっと下げて

    • ねぇクローバ、テレビの音量をもっと下げて

    消音をオン
    • ねぇクローバ、テレビをミュートにして

    • ねぇクローバ、テレビの音を消して

    消音をオフ
    • ねぇクローバ、テレビのミュートを解除して

  • チャンネルを変更したい
    チャンネルを番号指定で選局*1
    • ねぇクローバ、テレビを◯チャンネルにして

    • ねぇクローバ、テレビのチャンネルを◯にして

    チャンネルを上げる
    • ねぇクローバ、テレビのチャンネルを変えて

    • ねぇクローバ、テレビのチャンネルを上げて

    チャンネルを下げる
    • ねぇクローバ、テレビのチャンネルを下げて

  • 電源をオン・オフしたい
    電源をオン*2
    • ねぇクローバ、テレビをつけて

    電源をオフ
    • ねぇクローバ、テレビを消して

  • 入力を切り換えたい
    放送種別を変更
    • ねぇクローバ、テレビをBSにして

    • ねぇクローバ、テレビを地デジにして

    入力種別を変更([入力切換]キー同等に順番に切り換え)
    • ねぇクローバ、テレビの入力を変えて

  • ロケーション設定をした場合、「テレビ」の前にロケーション名を入れる必要があります。(例:「ねぇクローバ、リビングのテレビのチャンネルを変えて」)
  • *1:放送種別とチャンネルの同時指定(「BSの◯チャンネルにして」など)はできません。
  • *2:クラウド設定の「スマートスピーカー連携設定」の「電源待機中の操作」を「受け付ける」にする必要があります。X930、X830、Z730X、RZ630X、M530X、X920、Z720X、BM620X、M520X、X910、Z810X、BZ710X、M510X、C310Xの各シリーズのみ対応しています。

設定方法

1.
テレビ側の設定

  1. レグザの「みるコレ」画面(リモコンの「みるコレ」ボタンを押して表示)で、「アプリ/クラウド設定」>「クラウド設定」> 「スマートスピーカー連携設定」>「スマートスピーカー連携」を選び、スマートスピーカー用連携コード(8桁)を表示します。
  2. 上図の8桁の連携コードは
    2.の入力画面に入力します。
  • クラウドサービスを初めて利用する場合、最初にクラウドサービスの設定が始まります。ネットワークサービス利用設定とTimeOn利用規約への同意を含め、画面に従って完了させてください。
  • 連携コードの有効時間は10分間です。有効期限が切れた場合は、レグザの連携コード表示横にあるボタンを押して再発行してください。

2.
スマートフォン側の設定

  1. セットアップ済みのLINE「Clova」搭載デバイス(Clova Friendsなど)と、LINE Clovaアプリをインストールしたスマートフォンを準備します。
  2. LINE Clovaアプリの「ホームIoT設定」で、レグザを選びます。
  3. 連携完了後、自動的にデバイス検出が行われ、LINE Clovaアプリの「ホームIoT設定」に「テレビ」が追加されます。

「スマートスピーカー連携」
対応機種

X930、X830、Z730X、RZ630X、M530X、X920、Z720X、BM620X、M520X、X910、Z810X、BZ710X、M510X、C310X、Z700X、M500X、Z20X、J20X、G20X の各シリーズ

【ご注意】

  • ※ 本機能を使用するためには、インターネットへの接続が必要です。
  • ※ 番組の録画には、別売のUSBハードディスクが必要です。
  • ※ すべての画面はイメージです。画面の表示内容を含めて仕様は、予告なく変更する場合があります。
  • ※ サービスは予告なく変更・終了する場合があります。
  • ※ 4Kの画素数は3,840×2,160です。

【商標】

  • ※「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
このページのトップへ